医療や介護職場で働く人の労働組合「群馬県医療労働組合連合会」(代表石関貞夫委員長)は伊勢崎市議会に「安心・安全の医療・介護体制を確立し国民の命と健康守るための請願」を提出しました。
 請願書は〇コロナ禍でそれに対応できる医療、介護、福祉分野に財源の確保を。〇公立病院の統合再編の見直し。〇医師、看護師、医療技術者、介護職などの増員。〇保健所の職員増員、公衆衛生行政の拡充。〇社会保障の国民負担軽減。について伊勢崎市議会として国に意見書提出を要請したものです。
 コロナで赤字になっている医療機関では群馬でも夏のボーナスがカットされたところがあるそうで、医療現場の大変な状況を語り定方議長に請願書を手渡しました。
 請願書は日本共産党議員団の北島と長谷田が紹介議員として次の定例議会で審議されます。


DSC_0132