7月19日、国民平和大行進が伊勢崎市役所から桐生市役所まで行われました。
 今回はコロナ対策のために全行程は歩かず、市役所から市民文化会館までマスクを着けて1.5mあけて行進し、その後桐生市役所まては代表が車で向かいました。
 出発集会では、定方伊勢崎市議会議長から「前回議長の時は何もわからず渡された原稿を読んだが、今回は自分の言葉で話す」と力強い激励を受け、市長代理の総務部副部長からも激励を受け出発しました。
 広島、長崎に原爆が落とされて75年目の8月をむかえます。被爆国日本が一日も早く国連の核兵器禁止条約を批准するよう訴えます。

写真は出発する北島、長谷田の共産党市議団
平和行進 議員団