伊勢崎佐波民主商工会は6月22日に五十嵐市長に対して、国の第2次補正を受けての中小業者へのさらなる支援を求める要請書を提出しました。要請書は事業継続のための支援要請と国民健康保険についての2種類で、経済部長と健康推進部長にそれぞれ手渡し、地域の業者の厳しい現状を訴え、支援を求めました。

事業継続については、売り上げが減少した事業者への「緊急支援金」の支給を製造業や建設業など全業種に拡大を、家賃やリース料に対する支援制度の実施な どを求めたものです。

応対した栗田経済部長は、地域の中小業者の厳しい現状に対して、新たな支援策を検討していきたいと述べました。

要請には日本共産党市議団が同行しました。P1030913