熱のある患者が一般病院を受診し、コロナウィルス感染を広げる心配があります。渋川市や富岡市ではこうした患者を受け入れる、発熱外来が設置されました。

 伊勢崎市も県に要請をしていますがなかなか進みません。他の自治体のように独自で設置することとし、医師会の協力を受け玉村町と共同で5月1日から「発熱外来」をスタートさせます。

 診療は日曜・祝日を除く13時30分から15時30分です。かかりつけ医や患者から連絡を受けた、帰国者接触者相談センターで患者を発熱外来に紹介。予約のみ受け付けという事ですので、相談センターに電話がつながるかどうかが心配です。

 予約患者のみ受け付けなので設置場所は非公表です。
 伊勢崎佐波医師会員の先生が交替で診療、指定された病院に来院自家用車内で待機、診療となります。
発熱外来ではPCR検査は実施しません。