このほど「市町村合併の検証」平成22年度版がまとまりました。合併後の伊勢崎市の様子についていくつか抜き書きで紹介したいと思います。
■各地区の人口の変化
各項目  平成17年1月/平成23年1月/比較増減
伊勢崎地区 134,111/134,153/42
赤堀 地区  19,293/21,880/2,587
東 地 区  22,786/24,722/1,936
境 地 区 31,586/30,540/△1,046
全   市 207,776/211,295/3,519
日 本 人 195,721/200,494/4,773
外 国 人  12,055/10,801/△1,254

■合併調整事項の検証 合併後かわったものを検証
●都市計画税
 都市計画決定している伊勢崎と境。平成22年度から伊勢崎に合わせ税率0.3%に統一。
●持ち込みゴミ手数料
 平成19年10月から10漸板蹈乾滷隠横葦漾∋?肇乾滷横娃葦澆
●第三子出産祝い金
 平成18年などから30万円を20万円に。23年度は10万円に。
●敬老祝い金
 100歳百万円、80歳以上1から2万円→90歳2万円・100歳10万円(到達時)、100歳以上5万円に
●ひとり暮らし高齢者保養事業
 1泊12000円→日帰り4800円の助成
●水道料  平成20年度から旧伊勢崎市の例で統一
●合併浄化槽補助  354000円→22年度現在15万円に変更
●公立幼稚園保育料 平成22年度から旧伊勢崎の月5900円に統一
●国保税 
17年度所得割8.60% 資産割34.3% 均等割25600円 平等割24500円
22年度  10.2%     39.0%    42100円    35200円
●補助金審議会で補助金削減、今年度さらに削減を目的に審議会開催
(「『きたさん』のフレッシュ便」4月24日920号から)