臂市長は定例会でデマンドタクシーを伊勢崎市でも導入、来年度に実施をすることを明らかにしました。タクシー会社のタクシーを利用し、自宅などから目的地まで利用者を搬送するドアツードア方式を考えているということです。

対象は市内全域で日中毎日運行、伊勢崎市に住民登録がある75歳以上の方と、65歳から74歳までの運転免許証を持っていない人、障害手帳を持っている人で車の免税など受けていない人を対象に予定しています。利用に上限を設けることや、利用料は利用者ニーズを考慮し、鉄道バスへの乗り換えを踏まえながら設定するということです。デジタル機器の活用などを考えているようですが詳細は検討中ということです。

あわせてコミュニティバスの運行をアンケート結果に基づき、増発や路線の延伸などを行う計画です。コミュニティバスの見直しは今年度中にも行う予定で