コロナでアルバイトが出来なくなって生活が苦しくなった学生や青年を支援するため「まんぷくプロジェクト@伊勢崎」が実施された。たくさんの協力でお米やカップラーメン、野菜などが提供され、50人のボランティアで会場の市民の森公園の一角に支援物資が並べられました。
 遠慮がちにのぞいているシングルマザーの中学生の娘さんには、ボランティアの女性が次々と野菜を袋に詰めていました。また男子学生は自転車の荷台に段ボール一杯の食糧を積んで帰りました。

DSC_0254

開会前にボランティアにあいさつする山口実行委員長