JCP伊勢崎市議団ブログ

日本共産党の伊勢崎市議団のブログです。北島元雄市議、長谷田公子市議の2名です。市民の暮らしを守る立場から日夜全力で取り組んでいます。悪政続く安倍政権のもとで、市民と野党の共闘、良識ある保守の皆さんとも協力・共同の立場で市民生活擁護をめざします。

定例議会が29日開会しました。一般質問は3日・4日と行われ、4日の午前2番目、10時半頃から日本共産党議員団を代表して、長谷田公子議員が質問を行います。ぜひ傍聴にお出かけ下さい。

    
長谷田議員の質問の要旨

一、安心して医療介護が受けられる体制づくりについて

㈠国保税の減免

㈡無料低額診療及び無料低額介護老人

保健施設利用事業

二、徴税行政の改善について

㈠収納業務の在り方と大臣通知

㈡困りごと相談連絡票による他課・他機

関との連携の考え

三、放課後児童クラブについて

㈠設置基準

㈡家賃補助

㈢運営費補助

㈣指導員待遇改善

㈤保育の質確保



 11月22日開かれた議会運営員会で、12月定例会に上程予定だった「赤堀老人いこいこいの家の廃止」を撤回し、継続運営することが報告されました。
 報告では「地元区長会及び利用者の皆様を対象にした説明会で存続を要望する意見が多数寄せられ、再度慎重に検討した結果、本年度での廃止は早急すぎるとの判断に至り、老人いこいの家については来年度以後も継続していくこととしました」とのべ、今後施設の在り方について「耐震診断等の結果を考慮し、地元区長会等と十分協議を行い検討してまいります」としています。
 この間共産党市議団は、文教福祉委員会で北島議員が市の廃止ありきの姿勢を厳しく批判し、赤堀党支部と協力し、いこいの家の利用者をはじめ地域の皆さんにお知らせし、住民の声で廃止を撤回させましょうと呼びかけてきました。
 利用者説明会に大勢の方が集まり反対の声を市に伝え、区長会をはじめ各種団体の皆さんが反対を表明、市長にたくさんの署名が届けられました。
 議会での廃止反対の論戦と、住民の声の広がりが廃止計画を撤回させました。
 第三子出産祝い金廃止の撤回に続いて、住民の声が市政を動かし、福祉の住民サービス後退をやめさせました。

DSCN2055

イメージ 1

 5月1日、華蔵寺公園で伊勢崎佐波メーデーが行われました。各組合団体からのあいさつに続いてメーデー宣言を採択しました。

 終了後9条改憲に反対する3000万人署名行動を行い、50筆の署名が寄せられました。

 

↑このページのトップヘ